インプラント

インプラントの骨造成法とは

インプラントは、人工歯根を骨に埋め込み、

その上に人工歯を固定する治療法です。

しかし、骨の量や質が十分でない場合、インプラントを

埋め込むことができないことがあります。

そのような場合には、骨造成法が必要になります。


骨造成法は、欠損している骨を再生・増生する方法で、

インプラント治療の前段階として行われることが多いです。

骨造成法には、自己骨移植法、人工骨移植法、

骨代替材料を使った方法などがあります。


骨造成法

骨造成法のメリット

①骨量不足を解消することができる


インプラント治療は、自然な歯のように見える人工歯根を骨に

固定することによって行われます。

しかし、骨量が不足している場合、インプラント治療を行うことができません。

骨造成法は、自家骨移植法や骨粉末を用いる方法などを用いて、

骨量不足の問題を解消することができます。

②骨再生能力が高い


骨造成法によって再生された骨は、再生後の強度や密度が高く、

自然な骨と同様の性質を持っています。

これは、骨再生能力が高いためです。再生された骨は、人工歯根を

固定するための十分な強度を持っているため、

インプラント治療の成功率が高くなります。

③通常のインプラント治療よりも

高い成功率が期待できる


骨造成法を行うことによって、自然な骨と同様の密度や

強度を持った骨を再生することができます。

再生された骨は、人工歯根を固定するための強度が十分であるため、

通常のインプラント治療よりも高い成功率が期待できます。

④インプラントの寿命が延びる


骨造成法によって再生された骨は、

自然な骨と同様の強度や密度を持っています。

再生された骨がインプラントにしっかりと固定されることにより、

人工歯根の寿命が延びます。

また、再生された骨は、歯周病や歯周炎の進行を遅らせるためにも役立ちます。


以上が、インプラントの骨造成法についてのメリットです。

骨造成法によって、骨量不足の問題を解消し、高い成功率と寿命の延長を期待することができます。

しかし、骨造成法にはデメリットもあります。

骨造成法のデメリット

①費用が高い


骨造成法には、高額な費用がかかる場合があります。

特に、自家骨移植法を行う場合は、麻酔や手術器具の費用などが加わり、

費用が高額になる可能性があります。

②手術の必要性


インプラントの骨造成法は、手術が必要であるため、

術後の痛みや腫れ、出血などが発生する可能性があります。

また、手術には一定のリスクが伴うため、慎重な検討が必要です。

③治療期間が長い


インプラントの骨造成法は、通常のインプラント治療よりも

長い期間が必要となります。

骨造成法の前に、骨の再生が必要なため、

治療期間が1年以上になることもあります。

また、骨の再生が完了した後に、インプラントを施行するための

手術が必要となるため、治療期間が長くなる傾向があります。

④インプラントの成功率に

影響を与える可能性がある


骨造成法は、骨量不足の問題を解消するために使用されますが、

骨造成法によって再生された骨の品質によっては、

インプラントの成功率に影響を与える可能性があります。

再生された骨の密度や強度が不十分な場合、

インプラントが固定されず、治療が失敗する可能性があります。

診療案内

診療科目のイラスト
一般歯科
診療科目のイラスト
予防歯科
診療科目のイラスト
歯周病治療
診療科目のイラスト
インプラント
診療科目のイラスト
審美歯科
診療科目のイラスト
ホワイトニング
© 2023 KITAMURA Dental Clinic all rights reserved.