枚方市 歯科医院 きたむら歯科医院

治療メニュー

インプラント

インプラントとは、虫歯や歯周病などで失ってしまった天然歯の代わりに、チタン製の人工歯根を骨に埋め込み、それを土台として人工の歯を装着し、かみ合わせを回復する治療法です。
インプラントは機能的に入れ歯のような脱着する方式ではない為、限りなく自分の歯と同じような感覚で噛むことができ、見た目も天然歯のように見え、気になりません。
違和感がなく、食事も健康な歯のように楽しむことができます。また、他の治療法に比べてあごの骨がやせていく事がありません。お手入れをきちんとする事で20年以上もきれいに保っている方もいます。

インプラントの構造

上部構造

上部構造
実際に見える部分はこの部分です。
白いセラミックの被せ物で、天然の歯と同じような光沢感があります。
この部分だけをはずして掃除をしたり、交換したり出来るような仕組みにも出来ます。

アパットメント
上部構造を支える役割を果たします。通常チタンかチタン合金製ですが、審美性に優れたセラミック製のものもあります。

インプラント体
直接、骨の中に埋められる部分で、チタンで作られています。非常に生体親和性が高いため、金属アレルギーの方も安心してインプラント治療が受けられます。

インプラントの長所と短所

長所

  • 安定した噛み合わせを長期間保つことが可能
  • 噛む力はほぼ天然歯と同じくらい
  • 健康な歯を削る必要がない
  • 審美性に優れている(自分の歯に近い外観を保つことができる)
  • 適切なケアをすれば長持ちする

短所

  • インプラント治療は自由診療となる為、100%自己負担となり保険適用の治療に比べて治療費が高い
  • 治療時間が比較的長期
  • 全身の健康状態が良くない場合、インプラントができないこともある
  • ブラッシングなど家庭内や医院での定期メンテナンスが必要

最新の設備

専用オペ室

専用オペ室で安心の治療

インプラントの処置は、個室のオペ室を用意しており設備の整った環境での治療が可能です。
清潔なエリアにすることによる感染防止対策はもちろんのこと、広い空間、オペ室専用のユニット、専用の機器を設備することにより、術者、アシスタントの動きにも無駄がなくなり、非常にストレスのかからない安全な治療が行えます。

はじめてのインプラント手術で不安に思われる患者さまも多いかと思いますが、安心してお任せください。

歯科CT

歯科CTによる精密検査

インプラント治療を行う前の検査として、一般的にはレントゲン撮影による術前診査が行われます。
歯を支える顎の骨は窪みや傾きがあり、神経や血管が多く通っています。その流れは複雑で、パノラマ写真(レントゲン写真)では、骨の影になった神経や血管を確認できません。
レントゲン像は全顎的な審査を行うためにはとても有効ですがインプラント治療の術前検査としては完璧ではないのです。
正確に診査・診断するためにはCTによる精密検査は欠かすことができません。
インプラント歯科医にとって、CTは言わばナビゲーションの様な存在で、より確実な治療をお約束できます。

メールお問い合わせ

メールお問い合わせ

ページの先頭へ
  • 予防
  • 一般治療
  • インプラント
  • 審美歯科
  • 矯正
  • ホワイトニング