枚方市 歯科医院 きたむら歯科医院

治療メニュー

全ての治療の原点

全ての治療の原点であり、ここを抜かしては他の治療は進められません。
虫歯治療、根の治療を進めた後にかぶせ物や詰め物をしていきます。
また、歯がない場合、ブリッジや入れ歯を作製します。
治療には正確な診断が不可欠となり、正確な診断のもと、治療を進めます。

全ての治療の原点

虫歯はなぜできるの?
虫歯が出来る要因は大きく分けて以下の通りです。

1.歯みがきが出来ていない・ブラッシング方法の間違いなどで歯垢がついたままになっている。
2.糖質、甘いもの(特に砂糖)を原料として細菌が歯垢を作ります。
3.歯質が弱い。人によって体が強い弱いがあるように歯にもあります。

虫歯の進行と治療内容
虫歯はC0からC4に段階分けされています。

C0 初期段階の虫歯

歯の表面が白濁しますが、自覚症状はありません。

C0 初期段階の虫歯

まだ痛みはない状態です。患部を削り、詰めものをします。多くの場合歯と同じ色の樹脂を詰めます。

C0 初期段階の虫歯

大きく穴があき激しく痛みます。
神経を取り、歯の根の治療「根管治療」を行います。その後冠を作る必要があります。

C0 初期段階の虫歯

大きく穴があき激しく痛みます。
神経を取り、歯の根の治療「根管治療」を行います。その後冠を作る必要があります。

C0 初期段階の虫歯

虫歯が歯根にまで達し、神経が壊死しています。
できるだけ歯を残すように努めますが、最悪の場合に抜歯を余儀なくされることもあります。歯を補うために入れ歯やブリッジ、インプラントでの治療が必要になってしまいます。

歯周病治療

歯を失う原因のトップ
歯周病は歯の表面につく歯垢(プラーク:細菌の塊)によって起こる文字通り,「歯の周りの病気」です。
虫歯とともに歯をなくす大きな原因となっており、成人の80%以上の人がかかっていると言われています。
ゆっくり気づかないうちに病状が進行し、しかも多くの歯に影響するので、虫歯以上にやっかいな病気とも言えます。

歯を失う原因

歯周病は虫歯と違って痛みがないので、多くの方は歯周病があっても「たいしたことはない」と放置してしまいがちです。
そして、支えを失った歯がぐらついて抜け落ちる寸前になり、初めて歯科医を受診するというケースが少なくありません。

歯周病は、早期発見・早期治療と治療後の定期的なメインテナンスが必要不可欠です。

メールお問い合わせ

メールお問い合わせ

ページの先頭へ
  • 予防
  • 一般治療
  • インプラント
  • 審美歯科
  • 矯正
  • ホワイトニング